FPがすすめる家計簿アプリと使い方!

­こんにちは、くらげプロです。

みなさんは家計簿をつけてますか? 

家計簿は昔から家計管理の基本ですが、なかなか続かないという話を聞きます。

ファイナンシャルプランナーとして家計相談や投資についての相談を受けても、相談者がまずは家計の管理ができていることが基本となります。

毎月の収支について把握できていないと、お金を貯めていくのが難しいです。

最近は、スマホのアプリで家計管理ツールがたくさんあります。

今回はファイナンシャルプランナーとして、私が実際に家計簿アプリを使い比べたうえで、どの家計簿アプリが良いかをお話していきます。

フィンテックで家計簿が劇的に便利に!

家計管理が容易になってきた背景にはフィンテック(FinTech)という技術の発達があります。

フィンテックとは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)の融合を意味する言葉で、我々の生活にも大きく影響を与えてきています。

フィンテックといえば、仮想通貨や投資のロボアドバイザーが有名ですが、分野の一つとしてPFM(Personal Financial Management=個人資産管理)というのがあり、資産管理アプリ・家計簿アプリと呼ばれています。

2017年にフィンテックの普及を目指して改正銀行法が成立し、よりスムーズに安全に金融機関と連携できる環境が整いつつあり、より便利になっていってます。

何が便利になっているのか?

各種PFMサービスがあり、それぞれに特色を出しています。基本的には以下の利便性があります。

・支出を手入力はもちろん、スマホのカメラでレシートをとることで自動判別されて仕分けされます。

・銀行や証券、クレジットカードやポイントカードなどを連携させると、入出金や口座残高が自動的に記入されます。

つまり、家計の「見える化」および、資産管理が手軽にできるようになります

ちなみに、レコーディングダイエットってご存知でしょうか?

体重のダイエット方法の一つなのですが、毎日体重計に乗るだけで体重を意識することが多くなり、ダイエットになるというものです。

家計簿も同様で、支出をつけていると意識されて使わないようになっていきます。見えるって大事なんですね。

家計簿をつけるのがめんどくさくて続かなかった方でもレシートをパシャリとするだけで8~9割は自動読み込みかつ仕分けされるので、少し手直しするだけでよいと思います。

1~2割なら多少違っても問題ないし、すごく手軽です。

他にもどんどん機能が増えてて、

・家族でアカウントを共有して一元管理ができる

・平均的な家計モデルと比較して振り返りができる

・使い過ぎやポイントの有効期限を知らせるアラート機能

など、各社がサービス内容の充実に努めています。

家計簿アプリを3つ使い比べてみた

家計簿アプリと言っても何百とあるのでしょうが、大手3つを使い比べしてみました。それぞれの特徴と、欠点を述べます。

・マネーフォワード

ダウンロード数650万以上。基本機能が充実している。

金融機関などの金融サービスとの連携数が多く、資産管理がしやすい。入出金履歴から自動的に支出仕分けがされていくのは感動的ですらある。

プレミアム会員は月500円。有料会員は理想の家計支出との比較ができたり、残高推移の表示などで家計改善効果が19,090円あるとのこと。

欠点:有料会員にならない場合は広告が多めなのと、1年以上は遡って表示されない。予算設定もできるが細かすぎてめんどくさい(しっかりやるならむしろよい)

フリーランスは毎月決まった収入ではないので、理想の家計支出や、前月との収支増減を表示されてもあまり参考にならない点は残念。

自動の家計簿アプリ「マネーフォワード」は、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成します。スマホでも使えて、資産管理機能も充実。

・Zaim

ダウンロード数750万以上。レシートの自動入力機能が優秀。金融機関との連携も可能。

月の予算を決めると支出入力ごとに、今週いくら使えるか、今日いくら使えるか、を自動で表示してくれる機能が便利。

他通貨での記入も自動で日本円換算してくれる。

住んでいる自治体の給付金情報を知らせてくれる。レシートに入力した情報から近所のスーパーの特売情報のチラシ表示あり。

欠点:証券会社との連携はできていても、外貨やMMFは表示されない。

750 万ダウンロードを超えた日本最大級の家計簿アプリ・レシート家計簿サービスの新定番。iPhone・Android・iPad・Windows などスマホアプリとパソコン・タブレットなどの Web で連動して使えます。これまで家計簿に挫折していた 84%の人が「Zaim なら続けられる!」と回答!
 
 
・マネーツリー

ダウンロード数160万以上。累計アカウント400万以上。

シンプルな表示と使い勝手。指紋認証で開くのは良い。無料でも保存期間が無制限で広告もない

欠点:証券口座は連携できて株式やMMFは表記されるが、外貨預金がでない。株式が個別に表示されるが、いくらの増減かはわからない。振替機能ができない。円グラフでないため支出割合がわからない。

100万人が使う、無料で全自動に節約できる家計簿アプリ!メディアで話題騒然、デザインとセキュリティが秀逸!SMBC、MUFG、みずほの3大メガバンクから資本提携。優れた体験が評価をされ、ベストアプリを2年連続で受賞!

実際、家計簿アプリを使用した感想は??

まずは、、、

なんて便利なんだーー!!

と言っておきます。

どの家計簿アプリでも便利ですし、各社サービスが拡充してきて差がなくなってきています。

が、使用感や求めることによって好みがあるんだろうなという感じです。

私はまず、普通の家計簿のように現金の支出を管理したくて利用しました。毎月の固定費は把握できているので、変動費を管理したかったのです。アプリは特に考えずパッと目に付いたZaimから始めました。

Zaimで「毎月使用可能は○○円」と予算設定すると、支出を入力するごとに、今日と今週使える額が減ります。

これによって、「あー、もう今週はこれしか使えないから節約しよう」となります。まさしく「見える化」されているわけです。イヤでも意識しちゃいますよね?

この時点では、特にクレジットカードや銀行などは何も連携していませんでした。

その後、マネーフォワードやマネーツリーを登録して、銀行やクレジットカードなどとの連携をやってみたのですが、これがまた便利。

銀行の入出金や、カード使用でそれぞれ支出が自動的に計上され仕分けされ、ICOCAで電車に乗れば交通費として計上され、ポイントやマイルが貯まっていくのも期限がいつまでかもわかります。

ちなみに、現金で使用した場合は個別に手入力することもできますが、銀行から引き落とした時点で、「ATM現金出金 -○○円」という計上がされます。

ですから、総資産が合わなくなるということはありませんし、細かく入力するのが面倒な人は現金いくらをどれくらいの期間で使うかだけわかればいいかもしれません。

結論、この家計簿アプリを使おう!

結論として、使ってほしい家計簿アプリは、、、

マネーフォワードです!!

多少広告はうざったいですが、無料で一度使ってみてください。感動します。

なぜマネーフォワードかというと、

Zaimもマネーツリーも証券会社と連携はしていても、外貨が表示されないのは資産管理としては厳しいです。

当ブログは、『日本人はもっと投資の知識をつけて、資産運用すべし』と推奨しています。その中で、外貨やMMFが表示されないというのは残念。

ただ、難点もあります。

マネーフォワードに限らずどの家計簿アプリでもそうですが、クレジットカードの連携では支出の計上が遅く、予算管理の点からは「今あといくら使ってよいか」が把握しづらいという欠点があります。

クレジットカードをはじめ、キャッシュレス化が進行するとより家計把握・予算管理が重要となります。

この点は別記事を参照ください

世界的にキャッシュレス化が進んでおり、日本も遅まきながら国が主導で進めています。様々なメリットがある反面、個人の家計把握をより慎重にしないと、支払いが「見えない」ために家計破綻の恐れがあるため注意しましょう。

私は『マネーフォワードで月ごとの資産管理を、Zaimで日々の予算管理を』しています。

みなさんも、ぜひ『お金の見える化』をしてみてください

まとめ

近年、フィンテックによって家計簿アプリ・資産管理アプリはとても安全かつ便利なものになっています。

ファイナンシャルプランナーとして実際にアプリを使用してみて、便利さを実感してます。

比較するとマネーフォワードが一番良いと思いますが、どの家計簿アプリでも『お金の見える化』ができることで家計管理が容易になります。

おススメですので是非使ってみてください。

ブログランキング参加してます。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする