東京医大女子減点問題:医療界の歪んだ労働環境を是正しよう!

こんにちは、くらげプロです。

東京医科大学の入試で女性が一律に減点されて人数調整されていたというニュースがでました。

「女性および多浪生を減点し、現役~2浪までの男性に加点する」

という入試の計算方法ということですが、いやはや驚きました。

が、一方で「あー、マジで医療界はしょうもない組織だから、こういうことやっちゃうだろうな。」と、やっぱりかという思いです。

以前からブログ内でも書いてますが、日本の医療は質コストともに素晴らしい一方で、今後維持できなくなるのは目に見えています。組織・制度として変革しなければダメなのに、それができない。徐々に崩壊していくでしょう

高齢者民主主義になってて、身を切るということができないんですよね。

割を食うのは将来世代。何とかしたいのですが。

さて、今回は、この東京医科大学入試不正の問題の本質は何か、ということを考えていきます。

不正の動機や問題点は何か?

さて、今回の東京医科大学入試の不正問題ですが、いろんな切り口が見えます。

今回の問題が生じた背景・動機としては

・前理事長らの収賄、つまり金の絡む問題
・学生が卒業して医師になったときの関連病院への男性医師の確保のため

ということが取り沙汰されています。

内部調査報告書では一つ目の金が動機のほぼすべてとみられています。受験生の親からの直接的な謝礼金と、大学事業への助成金、といったことです。

しかし、二つ目の「男性医師の確保のため」というのが医療界の根深い問題が反映されているので、こちらにクローズアップしてみます。

女性医師に厳しい医療界?

こちら昨日upされた記事で、女性医師の松村むつみ氏というライターさんが書いてらっしゃるのですが、だいぶ情報が網羅されています。

うーん、一日違いでいい記事を書かれてしまいました笑

深堀りしてみます。

記事内にこのような文章があります。

医師の「働き方」の現状に大きな原因があるのは、女性医師だけでなく、若手の男性医師も同様だ。月4回程度の当直、当直の翌日も通常勤務すること、完全主治医制(原則として交替制勤務ではない)、病院がぎりぎりの人数の医師しか雇用することができない現状こそ、改革が必要なのではないか。
 

そう、結局は、

個人の努力や意欲を搾取することが前提の働き方しかできない医療界が問題なんです!

女性は結婚・出産でその現状に適応しづらくなるため問題化しているだけです。

女性医師だけの問題ではなく、男性でも当然、医療の現状に疑問を持ち、ある者は適応し、ある者は諦め、また、去っていく者もいます。

それを、「女性医師は働いてもすぐいなくなるから入試の時点から抑制しよう」などというのは、自らを顧みない、改革しようとする意志がない証左でしょう。言語道断ですね。

女性医師の方がいいこともある

女性医師のほうが男性医師よりも患者の死亡率、再入院率が低い

という研究もあります。

この津川友介氏の出した論文は衝撃でした。JAMA Intern Med. 2017;177(2):206-213.

患者の重症度や病院の違いの影響を取り除いたうえで、担当医(内科医に限る)が男性医師であった場合と女性医師であった場合で、患者の死亡率(入院日から30日以内に死亡する確率)と、再入院率(無事に退院になった後に30日以内に再入院になってしまう確率)を比較した。その結果、女性医師が担当医であった場合、死亡率・再入院率ともに0.4%低くなることが判明した。
たかが0.4%と思うなかれ。数でいえば、全米で3万2千人の死者を減らせると計算できるそうです。
 
死亡率、再入院率の減る理由としては、

男性医師と比べて女性医師のほうが診療ガイドラインにのっとった治療を行う傾向があり、予防医療をより多く提供し、患者とのコミュニケーションスキルも高いと報告されている。

とのことです。

また、別の研究によれば、

外科医の性別による患者の死亡率の違いはない

とも言われています。

つまり、女性医師が男性医師に能力の点で劣ることはなく、むしろ良いかもしれない。

ということです。

働き方改革はできるか?

先の松村氏は記事内で以下のように5つの改善案を提案しています。

  1. 交代制導入
  2. 柔軟な勤務体制や遠隔会議の導入
  3. 看護師や薬剤師への権限譲渡
  4. 常勤医の待遇改善
  5. 保険診療制度の改革も?

完全に同意見ですね。

特に5番、冒頭でも述べたように制度自体の改革は急務です。

加えて、私からの改革案としては、

・診療科の違いや、保険点数に応じた給与の差をつける。

・出身大学(特に国立)の所在都道府県での10年勤務を義務化

です。元々、新設医大は各都道府県に一つの医学部をという理念で設立されましたし、今ある入学の地域医療枠なんて小さいことしないで、そもそもの理念に立ち返ればいいんです。

日本は医師不足ではなく、地域偏在診療科偏在、が強いのです。

医師を労基法から除外するな!

今の働き方改革での労基法改正でも医師も残業規制の対象とされているが、労基法改正から5年は適用除外されます。

応召義務といった医師業務の特殊性を踏まえた措置

とのことですが、単なる何も変えたくない医療界の甘えですよ。

実際に、

医師の過労死も生じているのです。

これに対策しない方がおかしいでしょ。

また、先にも言いましたが、

個人の努力や意欲を搾取することが前提の働き方

ということを是としている前時代の人たちに言いたい。

「悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません。」

です。

まとめ

東京医科大学の入試不正問題は、単なる贈収賄の金の問題に終始しないでいただきたい。

この問題は医療界の歪んだ労働環境が背景にあり、男性女性関係なく、働きやすい職場形成へと改革すべきです。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする