風疹の抗体検査を受けましょう!ワクチン受けましょう!

こんにちは、くらげプロです。

先月末のことですが、1年に1度の産業衛生学会という、産業医や産業保健職などが任意で加入する団体の学会に行ってきました。いろんなブースがある中で、『風疹をなくそうの会 hand in hand』のブースがありました。

風疹をなくそうの会 hand in hand』は風疹による先天性風疹症候群の子供および親御さんが中心になって活動している、風疹対策への啓蒙をしている団体です。

働き盛りの人に啓蒙するのは大事で、それを含めて風疹については以前記事にしました。

風疹が流行ると、赤ちゃんが先天性風疹症候群になる可能性があります。風疹ワクチンの接種は打った個人だけではなく、周囲の人、次世代の赤ちゃんを守るという予防医学の中でも一際素晴らしいものです。

 

そして、6月30日のYahooニュースで、風疹に対する記事が掲載されていました。

「病院のベッドで添い寝をしていた目の前で娘は吐血し、出血箇所の確認のため口腔内に - Yahoo!ニュース(週刊女性PRIME)

上記団体の代表の方の記事なんですね。

私が産業医をしている事業所でも風疹の抗体検査を助成するとのことでしたが、みなさんあまり関心が薄かったので、幾度か安全衛生委員会で講話をしてきました。

「職場における風疹対策ガイドライン」やhand in handのブースでいただいたパンフレットも見せつつ説明しました。

風疹は治療法はなく、ワクチンで抗体を保有することが大事です。

是非、みなさん抗体検査や、ワクチン接種をお願いいたします。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする