私見を厚生労働省も後押し!公立病院424病院の再編統合促す

こんにちは、くらげプロです。

先日(9月26日)、日本全国の病院・医療関係者には影響の大きいニュースが出ました。

厚生労働省は26日、全国の公立病院や日赤などの公的病院のうち、診療実績が乏しいな - Yahoo!ニュース(産経新聞)

一行にまとめるとこうです。

厚生労働省は26日、全国の公立病院や日赤などの公的病院のうち、診療実績が乏しいなどと判断した424病院に統廃合を含めた再編の検討を求めることを決め、病院名を公表した。

 

さぁ、その後1週間ほどたちますが、医師会や各医療機関、自治体の首長などからの反発の声が大きくなってます。

・その抽出方法が適切なのか?

・診療実績が少なくても地域には欠かせないんだ

・雇用されている職員、利用している患者、病院が無くなれば不利益を被るじゃないか

反対の声は理解できます。その通り。

でもね、

 

しょうがないんですって!!

 

今まで無秩序に病院増えすぎだし

そのせいで人的資源が分散しちゃって、医師をはじめとする医療関係者たちの一人当たり負担が過剰になって疲弊してるし、しかもそれで医師不足とかなってるし

なにより、医療提供の供給が増えれば需要を喚起しちゃって無駄な医療費はバンバン増えるし

本当は民間病院だって削減するほうがいいところがたくさんありますが、少なくとも民間病院で代替できるのに公立・公的病院いらないでしょう。

過激とみなされてた私見:厚生労働省からついに同意見が出る

私は医療経済をちょっとかじってたことがあります。かつて、ある県の地方都市の地域医療連携協議会にアドバイザーとして参加したり、公立病院の経営に意見を述べたこともあります。

公立病院の経営は日本全国で厳しく、赤字の病院は6割とも8割とも言われます(これは公的資金、つまり税金補填を億単位で注入しなんとか黒字というのをどう数えるかで変わってくる)。

そして、1年近く前になりますが、北海道にある市立旭川病院の職員給与削減ということより、「市立旭川病院はそもそも不要なので(代替可能)、粛々と回復期病床に変えるか統廃合しなさい」と記事に書いてます。

市立旭川病院は21年連続赤字で、税金の補填で生きながらえている状況です。医師らの給与削減という愚策で立て直しを図ってますが、経営計画を見るととても無理でしょう。そもそも存在意義もなく、さっさと統廃合するほうがよい理由を述べます。

 

時として、このような私見は過激にみなされ、周囲に苦笑いされて終わることもありました。

しかし、これと全く同じことが厚生労働省から指摘されているわけです。

そして、当然ながら要再編と名指しされた424病院のなかに、『市立旭川病院』はあるんですよ。

 

諸外国から比べても病院は異様に過剰

こんなデータが出てます。

日本の人口1000人あたりの病床数は13・05床で、米国の2・77床、スウェーデンの2・22床をはるかに上回る。民間病院の病床数が急増したためだ。不要な長期入院を招いている▽重篤患者を扱う「急性期」病床にリハビリが必要な高齢者が入院している――などの課題が指摘された。

あの広大なアメリカに比べて、日本は5倍ほども病院数多いんですよ!(病床数と病院数はイコールではありませんが相関している)

医師の数はOECD加盟国でみると、下から数えるほうが早いのに。

 

そもそも、公に利するかどうかで考えよう

そもそも、公立病院は必要とされているならば、赤字だろうが税金を補填されてようが、市立旭川病院のように累積欠損金160億円以上あろうが、本当に必要とされているならば、いいんですよ。

なので、424病院のなかには、ホントになくなると困るところがあるかもしれない。

その、必要とか、困るとかって、公平な視点で見ているのかってことなんです。

そりゃ、病院なくなったら通ってた患者さんや職員は困るでしょう。

他の病院に行くのにバス乗って30分やら1時間かけていくのが不便だ。だからなくさないでほしい。そりゃわかる。

でもね、われらが日本国は、もう何でもかんでもすべての人の意見を聞いてあげられるような豊かな国ではないということです。

『公』というからにはその税金を払っているすべての人へ平均的に利益を考えなければいけない。もちろん、弱者へ手厚くという傾斜をつけるのは重要だが、そもそも公のセーフティネットという役割をしてないんじゃないかというのが名指しされた424病院なんですよ。

他の民間へ代替可能ならば代替し、公はなくす、もしくは足りないことをする

なぜそのシンプルなことができないのか。

かつて橋本徹 元大阪府知事・大阪市長は「嫌われることでもしなきゃいけないことをするのが政治家だ」と言ってましたが、まさしく政治がダメだったんでしょうね。

今までの日本はちょっとでもマイナス意見があると萎縮し行動できず、結局ダメなことがわかっているのに何も変わらないという構図なのでしょう。

 

さて、今回のこの動きはどうなるでしょうか?

ちなみに、同時期に出たニュースですが、公立病院と民間病院の統合となった良い例があります。

 玉野市の市立玉野市民病院(同市宇野)と玉野三井病院(同市玉)が2021年4月に経営統合し、地方独立行政法人の立ち上げで基本合意したことが18日、分かった。地方独立行政法人を新設して公立病院と民間病院...

このような良い事例が続くことを祈ります。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする